サイトマップ

注文住宅で断熱効果を意識する

注文住宅は面白いですが、開口部は外壁と比べてみれば熱損失が大きく敷地条件で時には大きな開口部がほしくなる時があります。ですが大きな開口部は住まい全体の断熱性で考えてみれば弱点になってくるところで、四季おりおりの変化やデザイン性など含めたバランスを意識して開口部のかり方を考えていきましょう。

そして注文住宅はとてもいい作りで、昨今住まいの省エネルギー化が進み開口部がますます大事役目を担っていますが、特に住宅エコポイント制度実施以来、断熱の内窓の設置が認知されて、開口部の断熱性能はとても認知され関心が高まっています。そしてこれまで次世代省エネ基準で開口部の付属部材としてあったのはレースのカーテンや障子などでしたが、外付けスクリーンのような部材は適用されなかったです。

そこで最近利用されているのは、外部に取り付けるスクリーンで、窓の外部に取り付けていく遮蔽材の効果は資料からわかるようにとても高く、後からでも取り付けられるように工夫しましょう。そして、注文住宅はいいのもがあって、最近成功される多省エネルギー基準で窓の日射熱取得量を建築で取り付ける障子で補正することができるようになりました。

そして注文住宅はこれからも大事で、日本の住まいは開口部の大きい住まいを作って、すだれなどをつかって涼しさをとっていくなどの住まいでした。そして高気密で高断熱住宅は断熱性能向上させていくためなるべく窓を小さくして機会的手法を活用することになり、新自然住宅は大きな窓のまま障子などで断熱を向上させています。

注文住宅は子供部屋も考える

★★家を建てる費用★★

注文住宅はいろいろ使えて、子供のころの住いの記憶はやはり一生残りますから、いくら機能的に優れていても、面白みにふけるような住まいなら子供のこころに残って行かないでしょう。そして、もちろん基本は家族の関係が一番大事ですが、家族の関係も住まいの仕掛けを通しおもい出されて、変化あるワクワク感のある間取りこそお子様たちの好奇心を促して心の成長を図ってくれるでしょう。

そして注文住宅はこれからもたくさん生み出されますが、子供は特に小学校の低学年あたりで親に見守られている安心感が大切で、上の階に子供部屋があるときは吹き抜けなどを設けて、リビングとダイニングとつなげて、会話できるようにしています。そしてその時開口部も工夫して引き戸にしてみれば心理的士距離感も計れるでしょう。

そして注文住宅は中身が大事で、兄弟部屋はしっかり区切っても上部にあるロフトは一室でつながっているなどの工夫も楽しくなるでしょう。そして、建物が竣工して渡されるとき、各種の保証書が渡されますが心配になるのは保証がない箇所です。

そして注文住宅は耐久性も大事で、住宅の耐震性は床や屋根や壁の面の強さで決まりますが、昔は壁などの下地には製剤の板が使われてきましたが、最近これに代わり強度と耐久性に優れている構造用合板が使われています。そして構造用合板により今は地震や台風に対し強い住宅づくりが可能になっていますが、これまで主流だった筋かいと比較すれば合板はあまり理解されてないでしょう。

「注文住宅は何が大事なのだろうか」について

Copyright © 注文住宅は何が大事なのだろうか. All rights reserved